クローバー手作り市の開催報告など。 手作り市が多くの人たちが楽しめる場になりますように♪  次回開催10月2日。LICはびきのにて開催。
私たちの事 出店者様大募集 次回手作り市 手作り市開催報告 会場 お問い合わせ
目的
主催者紹介
出店のお申し込み
次回イベント
詳細
これまでの手作り市開催報告 LICはびきの
レインボーホール
電話番号
E-mail
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
クローバー手作り市HP
全国137か所のハンドメイドイベント情報
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドイベント・作品展へ
にほんブログ村

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク
本気で肝が冷えました。
2010年08月03日 (火) | 編集 |
クローバー手作り市HP
全国137か所のハンドメイドイベント情報
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドイベント・作品展へ
にほんブログ村

久々に本気で冷や汗かきました。

8月1日は毎年恒例、PLの花火ですね。

今年は、ウチの家族3人と、友達夫婦と子供2人、結婚前のカップルが二組の計4組11人で羽曳野中央霊園に行ってきました。

ちなみに、心霊現象がどうのって話じゃないですよ。


↓続き長いです。

スポンサードリンク
車3台で5時過ぎに出発し、6時前には現場に到着しました。
ワイワイ言いながら、車から荷物を運びます。
「焼けたなぁ」とか「おぉ、久しぶり元気?」とか
車を降りてから結構な距離な上に坂道なんで、途中子供を担いだりヘビーな道のりではありましたが、まぁワイワイと♪

場所を確保してシートを敷いたら、虫よけふって子供たちとその辺りの探索へ!
岩によじ登り、セミを取って、走り回っていると時間がたつのも一瞬ですね。
すぐ御飯の準備が出来ました。

晩御飯の内容がこれまた豪勢で、
おにぎり、やきそば、そうめん、ゴーヤチャンプル、からあげ、フランクフルト、、etc
いやいや、美味しかった♪
また、外で食べると格別です。
味が違う、、、気がします。
運転してたんで、ビールが飲めなかったのが、唯一(T_T)

花火までどうやって時間潰そうか?なんて言ってたのに、すぐに8時になりました。
おぉっ!
って歓声が上がったんで振り返ると、花火が♪

風の向きが悪くて、煙が邪魔なタイミングもありましたが、
無理に子供たちに「たまや~」と叫ばせたり、拍手したり。すごく楽しい時間でした。
何より、花火が奇麗、、、だったはず。

いや、ちゃんと見ましたよ。
P1110640.jpg
こんな写真も撮ったし。
ただ、最後にあった出来事があまりにインパクト強すぎて、このあたりの記憶が遠い?というかセピア色?

最後の花火が終わって、
いつもより、迫力無かった事無い?とか言いながらも、片づけを始めました。
1人、履物が見つからずに敷物の上でじっとしている子は別として、子供たちも予想以上に手伝ってくれます♪
ゴミを分けて、持って帰るものを鞄の中に。拝借していたベンチを元の位置に返して。
「うし!帰ろうか♪」


と、「きいっちゃんは?」
そう、この一言が始まり。

「え、、きいちどこ?」
友達夫婦の、下の子「きいち」君が見当たりません。

ちゃんと見といてっていったやんかっ!!
たしか、さっきまでシートをたたむのを手伝ってくれていたはず。

「そんなことより、はやく探さんと!」
ベンチを運ぶ時に、後に居たような、いなかったような、、、

あるタイミングで切り替わりますよね。
途中までは、少し文句混じりに
「ほんまに。どこいったんや? あいつはッ!心配かけてっ」
て感じなのが、急に悪い事を想像し始める。
そうなると、不安でたまりません。

今いる子供2人はしっかり確保して、それでも大人6人が走り回って探します。
「きいちーっ!」
「2歳ぐらいの青い浴衣着た男の子見ませんでしたか!?」
墓地の方を探し、建物の隙間を探し、トイレを探し、草むらを探し、立ち入り禁止のロープの向こう崖の下をのぞき込み、、、
6人どころか、周りの方たちも手伝ってくださって、、それでも見つからない。
多分、十数分間。


かなり離れた墓地の奥まで探しに来た時に、元いた場所から泣き声が聞こえてきました。
とりあえずダッシュで戻っていると、泣き声が二つ。
あぁ、見つかって怒られてるのと、きいち君のおねぇちゃんか?と思って安心しながら元いた位置へ。

戻ってみると、、泣いてるのは、そのお姉ちゃんと、ともちゃんでした。
周りを見渡しても、きいち君はおらず、、、

え?
どういう状況?
2人が泣きじゃくっているのを見ていると、いやな想像をかきたてられてしまいます。
「どないした!?」
頭を撫でながら聞くと、
見つかったとのこと。


ものすんごい脱力してしまった。

片づけ終わった位に横を通った集団について行ってしまったらしく、お母さんに抱かれて嬉しそうに帰ってきました。


しっかり見ていれば済む話なんでしょうけど、本当に一瞬。次の瞬間に見当たらなくて、、
発信機とまでは言わないけれど、きゅっきゅ言う靴とか、背中に付ける犬の鎖みたいなやつとか、、、いるかもしれない。
人込みはほんと気を付けないといけませんね。

なんかもう、智ちゃん達の泣いてる姿と探している時の焦燥感がインパクト強すぎて、フィナーレの花火の色の記憶まで曖昧に(-_-;)
赤、、でしたよね?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。